読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takuyax555の日記

ランブルバーストの赤井葵白黒です。ランブルバーストについて悪態をつきまくりますが、割とゲーム自体は愛してます。運営は天罰で墓地に行け。

ランブルバーストにおける鍾会とはなんだったのか

どうも恥知らずです、こんばんは

不満をぶちまけたら少しすっきりしたので、今度制限になる鍾会について語りたいと思います。

f:id:takuyax555:20170309000745j:plain

こいつね

最初の日記で初心者はとりあえずこれ2枚作ればいいよ、って書いたんですが、それはなぜかというと結果的にこいつで得られる銅銭がとても多いからです。つらつら書いたように、このゲームのメインコンテンツはお粗末なAIとの対戦です。そして無課金プレイヤーはひたすら銅銭パックを剥きまくり、余ったカードを一括分解で欠片に変えて、適宜必要なカードへ変えていく必要があります。

鍾会はとても強いカードです。個人的にこいつをみると

f:id:takuyax555:20170312155129p:plain

こいつとか

f:id:takuyax555:20170312155148p:plain

こいつを思い出します。

コストが重いのですがたたきつけると生半可なことでは除去できず、さらに高いクロックを誇っているフィニッシャー。それに破壊能力をつけているので、変異種とか霊異種よりはるかに強いジャンルのカードだと思います。

ランブルバーストは常に終盤戦かつ序盤戦ということもあり、明確なフィニッシャーというものが少ないです。桃園劉備もあるいみ爆発的な戦場復元能力ほ誇るため、フィニッシャーたりえる面もありますが、ただ叩きつけるという点で鍾会は一歩進んでいるカードであると言えます。

明確なフィニッシャーというと、UR夏侯惇くらい。あれは終盤戦というのを意識して形成するだけの価値があるカードで、一度出るとケツの毛までむしり取られます。

鍾会は、多くのデッキに必ずと言っていいほど入っている、十面埋伏や投石の雨など、本来彼に使う予定のないカードすら、ダメージを与えられたら全部割られてしまいます。罠発動をキャンセルするのはアタック時という制限があるものの、逆に言えばそれをほかのカードで補えばいいのですから、とても分かりやすいカードだと思います。

NPC戦の多くはそうした伏兵だとか、投石の雨だとかを使ったカードも多くあるため、これらを踏み倒して割に行けるカードは結構強いです。というか、鍾会に夜襲船団とかつけてぶんなぐるだけでも割と戦場解決になるので、そういった意味でお勧めします。

ようするに田んぼの稲刈り道具みたいなもんで、対人でない以上は誰も不快にも不満にも思わないため、存分に使えばいいです。あとは好きな勢力のパックのレアがそろうまでひたすら向き続けるといいです。個人的にはスーパーオールラウンダーなR孫堅が入ってる「破虜将軍・序」がお勧めです。甘寧はのちのち役に立つ場面が出てくるカードなので、引いても分解しないほうがいいです。黄蓋は引いたら最初は分解しまくって、欲しいカード、つまり孫堅に変えたほうがいいです。孫堅が3枚引けたらあとは好きなところでいいです。水軍や勢力にこだわる必要はありません。

若干話がそれましたが、鍾会を語る上ででもっとも重要なのは、これがレアだという点。カード合成では欠片1000個というリーズナブルさで、初心者がちょっとがんばれば手に入るパワーカードです。現在もそれは変わっていません。とりあえず銅銭パックでカードを1000枚剥けば確実に手に入るので、それほど難易度は低ありません。

 

ただ、何となくわかると思うのですが、これが対人戦で使われるとユーザーの志気を著しく下げてしまう原因となりました。かなりの枚数の鍾会が対人戦で使われたのか、制限カードになることとなりました。

f:id:takuyax555:20170312160335p:plain

ただ、ここで非常に気になる一文があって「レアリティに対してスキル性能が非常に高く」という一文。運営に実際にそのような文章が寄せられたのか、それとも運営がそう思っているのかは確かではありませんが、少なくとも禁止改定にレアリティを加味してるのはちょっとおかしいなと思います。

たとえばmtgで最近禁止がうわさされるのはこいつです

f:id:takuyax555:20170312160522p:plain

こいつ単体だとどうにもならんのですが、デベロップの調整ミスのせいで(公式HPでも公言しています)、もう一つのカードと合わせると無限に速攻をもったこいつが出てきて、死んでしまいます。細かい話はいいんですが、今度の改定でこのアンコモンを禁止するとき「守護フェリダーはレアリティに対して性能が高い」とはならないと思います。

その辺の禁止制限とか、デベロップは何考えてるのかなと思います。たとえば非常にラリティが高くて、入手機会が少なければ、ゲームをゆがめるほど強くてオッケーなのでしょうか?

おそらく、鍾会はデベロップ的にはURだったら、たぶん3枚使えたままだったのではないかと個人的に思います。不満が表に出なければベクターは対処する必要がないのですし、使われる側も「まあURだからね」みたいな何の根拠もない自己解決をしてしまうきらいがあります。

鍾会がかましたベクターへのプレイヤーアタックは、ある意味運営の禁止改定への姿勢を明らかにしたと言えます。

さて、私は五虎嫌いを公言していますが、ここまで勧めるのだから、このカードは好きなのか?と聞かれそうなので、明言しておきます。嫌いです。

ただ、五虎と違ってまだ聞き分けがいいほうなので、滅べとは思っていません。むしろ初心者に対して手に入りやすくわかりやすいカードなので、いてくれたほうが助かると思っています。使われたらキレそうになるけど、そこは人間だからわかってほしいと思おう。

今日も全茶で五虎とか鍾会に対する呪詛を吐いていると思うが、そこは人間として当然の感情なので、今後ともよろしくお願いいたします。最近は南蛮弱すぎ問題を垂れ流してるけど。

おまけ:欠片2500個スタートの、初心者にオススメ合成メニュー(私ならこうするみたいなもの)

f:id:takuyax555:20170309000745j:plain×2枚(2000)

f:id:takuyax555:20170312162830p:plain×2枚(200)

f:id:takuyax555:20170312164016p:plain×3(300)

トウシはロックバーンを組むにあたって使うカードです。初手に出しておくと相手の攻撃が止まるので、CP2になったら回収して鍾会を叩きつけましょう。

袁術は最初は「?」みたいなカードですが、投石の雨あたりが手に入るととんでもないことになります。そのうち合成してよかったなと感じる時が来ます。

なお、なるべく鍾会を引く確率を上げるため、40枚デッキにしましょう。最初は色々悩みますが、それも経験だと思いますし、カードゲームの楽しいところです。